YPO London 2017


私たちがあなたに提示しているテーマや技術などの変化を理解することは簡単なことではない。ただ
単に情報を与えるだけではなく、実際にあなたの周りで何が起こっているかを知らせるための情報を
提供することが私たちの目的です。指数関数的技術と社会経済的組織の変化が現在のビジネスを邪魔
している要因です。
私は講義の後、皆様のような観客と会話をすることに大きな喜びを感じます。LinkedIn、または
Twitterなどでもお気軽にご連絡下さい。
なぜなら、メインフレームからミニコンピュータ、パーソナルコンピュータ、スマートフォンへの進
展する中で、私たちが見ているソフトウェアとハードウェアのトレンドが今現在私が皆様に説明をし
ようとしている、ネットワークを形成するセンサーや「物事のインターネット」の世界、そしてさま
ざまなインターネットの中で生まれた謙虚から起こる現象なのです。
それを無視することや起きていることが普通ではないと話を流すことは簡単です。そこは重要なポイ
ントではありません。線形射影の指数関数的な交差点を表す1%の心理学的ポイントが重要なポイン
トです。後ほど、どのように影響が大きく重要なものになるかが分かりやすくなります。
難しさは、明らかにこれらの変化が蓄積している間に、きれいに明確に識別された方法で起こってい
るわけではないというのが事実です。データを測定するエラーバーが、データポイント自体よりも重
要な場合があり、信号対雑音比があなたの好みでは機能しない可能性があります。だからこそ、これ
らのトレンドを端から信じている人たちや楽観的な人たちにとっては簡単なことです。彼らは、他の
多くの人々が見ていない、あるいは信じないことを選択するようなものに興味を持ちます。
注目すべきもう一つの要因は、生態学的に傾斜しているか、ロジスティクス科学で訓練されている人
々は、「あなたたちはいつかはなくなるトレンドに頼っているが、この世の中には永遠に続くものな
どない」といいます。しかし、Singularity Universityの創設者の1人であるRay Kurzweilが設計したこ
のチャートでは、それぞれが互いに続くテクノロジーの世代を見ることができます。これらは、私た
ちが話している指数関数的の形をしています。これ以上ない控えめな画像が隅にあります。
これらのトレンドが世界で創り上げる上部構造は、地球全体に広がる世界的に相互接続された文明の
基礎になっています。私たちがサプライチェーンや科学コミュニケーション、あるいは地政学的決定
と私たちの周りのあらゆるものとの相互作用について話しているかどうかにかかわらず、私たちは知
識を工学に変える科学的分析方法と世界を理解する上で、消費者、およびベンダーが世界に広がって
いることは、皆に大きな恩恵をもたらしています。
50年代の電子的な頭脳は、課題を持つ巨大な機械であり、専門知識を持つ人々でないと彼らと一緒に
作業する方法を理解できませんでした。生成後に急速に生成に追随した集積回路は、現在入手可能な
最小限の原子限界に達しています。しかし、すでにムーアの法則の自己完結的預言を維持する新しい
ソリューションがあります。次世代のコンピュータは、明らかとなる原子尺度の量子現象を隠すので
はなく、あえて利用しているのです。
ソフトウェア面でも、当初コンピュータは世界について何も知りませんでした。
毎晩電源を切るたびに、あなたがパンチカードを通して教えたことは全て忘れてしまい、次の日もま
たやり直す必要がありました。

彼らはよりインタラクティブになり、これらのインタラクティブなテレタイプマシンを入力すること
ができるようになりました。
それでも彼らが使った言葉はとても特殊なものでした。それらの言語を堪能にするために、どんなに
情熱と学びたいという気持ちを持っていて、必要な時間を費やしても、実際にはコンピュータができ
ることはほとんどありませんでした。
私達が情報と知識の表現、ドキュメント、フォルダ、作業の整理、タスクの割り当てのためのデスク
トップのメタファーで使用する類推を好むことを機械は学び始めました。そして私達が美的感覚を持
っており、色が好きで、美しい、もしくは醜いデザインを区別していることを。
約10年前、コンピュータが人間によって作られた幾何学的制約から解放されました。
キーボードは前世代の小ささの限界でしたが、タッチを解釈する能力を獲得することによって、コン
ピュータはタブレットやスマートフォン等あらゆるサイズになることができました。
さらに、世界を見て、彼らが見たものを解釈できるようになると、彼らは私たちの動きを解釈し始め
ることができました。
彼かは私たちの言語を解釈することができるため、まずは世界に耳を傾けることから始めてみるとい
い。現在のコンピュータのオペレーティングシステムは発展しており、彼らの存在を私たちが目にす
ることはないが、自然な言い回しでの対話ができ、私たちが変わったプログラミング言語を学ぶマニ
アのようにプログラマーの専門用語などを学ぶ必要がないのです。そのため、Googleの調査結果で
も出ているように、すでに米国では約40%の携帯電話からのお問い合わせは、コンピューター上で会
話が行われているのです。
次世代インターフェイスは既に実験されてます。コンピュータと人との思考が合致し、互いを理解す
ることができ、私たちの世界をモデル化するために彼らと一緒に働くことができれば、コンピュータ
ーと人の相互作用が働き、課題を見えてくるのです。
世界が20世紀にはなかった情報革命をどのように活用したのかという点では、1万年前と同じように
、蓄積し始めたばかりのものや、さまざまなグループやコミュニティに知識を広めるために、ほとん
どが集中化され、階層化されていました。これらの構造は私たちにとって非常に役に立ちました。
私たちが今日見ているのは、新しいタイプの組織の登場です。世界的につながっているコミュニケー
ションシステムでは、人間ベースであろうと機械ベースであろうと、物理的な近接性、一緒である必
要性、一緒のオフィスで近く仕事をするというのは重要視されていないです。
日々、低くなっている計算コストとコミュニケーションが大きな違いを生み出しています。すべての
物に計算と通信の機能を適用する可能性は、「物事のインターネット」と「私たちの周りのすべての
インターネット」を設計しようとしているものです。私たちは、エネルギー源の統合やエネルギーの
使用、新しい種類の通信ネットワークの創出、そして課題に取り組んでいるエネルギーでそれを見て
います。
私たちがシグナル化されたユーティリティに頼るのではなく、望ましい結果を最大限に生かしたいと

考えています。物を作成する能力は、製造能力に投資される価格ではなく、才能に依存し、人々の創
造性に依存します。これらを設計してから、新しい種類の3D印刷やセットアップされているデジタ
ル製造プラントを通じて、地球上をすばやくスケールすることができます。
私たちの水分摂取量や消費量を減らすことは、品種の根本的な増加、食べ物の種類の品質、動物の苦
しみなしに生産される合成肉などで克服できると思われます。インドと中国に対しての西欧中心的な
考えも克服している「 ああ、彼らが裕福なってしまったら、肉を食べ始めるだろう。彼らは米を食
べるべきだ。」明らかに人種差別主義者であり、偏見を抱えていることから、伝統的な農業さえもテ
クノロジーになっている。精密農業は、より低いコストで、労働の低い、食糧生産の大幅な増加をも
たらしている。
自分たちの健康について私達は能力があり、私たちの健康状態を維持する責任があります。
私たちが理解でき、教える範囲というのは広がっています。たとえば、友人がFacebookの投稿をシ
ェアした時、記事を読まなくても、タイトルだけで「いいね」を押すという行動も、私たちが周りの
現象を理解することの進化をしているということです。私たちは、3年間の博士課程プロジェクトの
ように、特定分野の理解を深めるほど、必要な投資と同じタイプの利益を得ることはできないと考え
ています。
2008年の危機、または欧州中央銀行の量産リースを提供していない銀行、あるいは経済を助けるた
めに必要な刺激があればそれを責めることは簡単だ、財政は1973年には数千年後に金ベースの通貨
と金利通貨の時代が終わったのと同じように、銀行券や中央通貨、クレジットカードの時代が終わり
ました。
70年前のクレジットカードシステムを使用するかどうかも、彼らが何を使用しているのかにかかわら
ず、将来のロボット社会が相互にやり取りし、リソース配分を交渉している。独自の目標を達成する
かどうかを自分自身に問いかけることができます。明らかに、その答えは、これらの新しいプラット
フォームで価値を測定できるようにする新しいシステムが存在することはないでしょう。そして、私
たちが今日聞いているBlockchainとBitcoinは、経済を表す上での必要とする新しいシステムの一部に
なるでしょう。
信頼関係と社会の構造である社会との関係は、私たちがどのようにコミュニティを創り出すかについ
て、暴力にもとづいたルール、社会契約とは何かによる。 Airbnbはホスピタリティ業界とは競争にな
らないと私はよく言います。 又、Uberは輸送業界と競争になりません。本当に彼らがしていること
は、警察と競争しています。新しいタイプの信頼ネットワークを設計し、実装することをしています
。信頼ネットワークでは、これまでと比べて根本的に優れた信頼性で競合を解決するための完全に異
なるルールが用意されています。
政策決定は、急速にデジタル化されている技術でもあります。ウィンストン・チャーチルの未解決の
挑戦は、民主主義があらゆる種類の政府以外の最悪の政治であると喜んでいるのではなく、私たちは
現在、意思決定の斬新なシステムを設計し始めています。

たとえば、Wazeは、人々が目的地に到着したときにかなり確実に知ることを可能にするアプリであ
り、Wazeは何百万と数十億のセンサーからデータを集約しています。 Wazeは、その情報を伝統的
な政治的妥協案だけでなく、どのようにデータに基づいて決定するかを政策決定者、都市と共有する
システムを持っています。
政策決定の次の課題は、制定された政策をどのようにアップグレードするかを理解することです。そ
の結果は、急速に変化するテクノロジーの前で評価されています。たとえば、セルフ・ドライビング
に関する政策の枠組みは良い例です。ここ数年、規制当局はかなり積極的でダイナミックに会話や業
界との対話ができ、毎年規制を更新することができました。現在カリフォルニア州、アリゾナ州、米
国内の40以上の州で、テストの仕方を明確にし、運転方法、販売開始方法、または自家用車を近い将
来に有料サービスを提供する規則があります。
メインストリームのメディアでは新しい技術が始まると、そればかりの記事を作成し、過度の期待を
高めてしまいます。
あなたの世界の一連の変化の広い意味で状況を見ると、その変化は実際には止まらないことに気づき
ます。
コンピュータが私達の手から離れ、自らの操作をし始め世界を知る為に彼らが私達を必要としなくな
ると彼らの物質的な側面が増々小さくなります。そして、これまで以上に私達に適切なことと高度な
機能を提供できるようになります。これは、技術的な観点においてインターネットを生み出していま
す。そのインターネットはネットワークのネットワークでしか相互運用できず、コンピュータ・ノ−
ドの相互接続をしています。

ノードは彼らがデザインした設計システムによって私達の望み通りに計算したり入力チャンネルや出
力チャンネルやセンサーによって情報を記憶し保存したりすることが出来ます。私は過去10年以上に
わたり、シスコや他の企業とこのシステムがいかに発展し発展しなければならないかを話して来まし
た。10年前にも皆様方と同様に私の話を聞いている方々にも「そうです。インターネットは必ず私達
にとってなくてはならないものになり、生活の隅々に入り込んでくる事でしょう。」と言ったのを覚
えています。しかし、人は皆口を揃えて「そんなはずがないし、何故そのようになると思うのか。」
と言っていました。

私はたまに答えを出そうと試みました。しかし、他の時は「実際のところ私も分かりませんが、その
ような能力を提供するのに増加していたコストがゼロになる傾向を見せています。また、あなたが持
っている製品の種類に関係なく、そのような機能を持たない次世代の製品は耐えられなくなるリスク
を抱えているでしょう。」と答えていました。

本日、多くの方々が遠くよりお越し頂き前夜にホテルに泊まっていると思います。非常に風変わりな
ブティックホテルに宿泊をしていない限り、ポケットに入らない様な大きなメタルキーを、受付にて
預かってもらっている方はいないと思います。その変わりにプラスチックカードをお持ちだと思いま

す。それは、ドアの開閉を開けるかどうか、またあなたを入れるか入れないかを決定するネットワー
クと連動しているドアのセンサーによって機能しているのです。それは、英国では人気かどうか分か
りませんが、米国のカプセルタイプのコーヒーマシンメーカーのクレイグがインターネットに接続さ
れたコーヒーマシンを最近リリースしたことが私の予言を満たす一つの事例です。さて、これまでこ
れらのノードの機能についてのネットワークのインターネットにおけるネットワークについてお話し
てきましたが私達はまだまだ長い道のりがある事を認識しなくてはなりません。

何十億年もの間進化を遂げて来たシステムのレベルを提供出来る様になるまでには長い道のりがあり
ます。しかしながら、自然を過度に尊重する必要はありません。自然は特定の極大点と素晴らしい進
化点を止めてその試行を止めます。一方で私達は結果が良い方向に行くことは分かっているが抽象概
念が高いレベルにある私達は他の方法を見つけ出しそれらを探し続けるのです。

インターネットの専門用語に精通している方々は、様々な種類のインターネットのプロトコルを聞い
たことがあると思います。IPv4は数年前に作られたものでなかなかの危機を引き起こしました。何故
なら、IPv4はプロトコルのバージョンを介してインターネット上で一識別されてしまうアドレス空間
は規模の点においてはわずか10億でした。

実際には、次世代のネットワークであったIPv6が立ち上げられた時に私はインターネットの父親とも
呼べるウィンドサーフと共に英国におりました。そして、その時に私は新しいプロトコルを支える為
にこのネットワークのネットワークにおける特有のノード規模の計算をしました。それは、大変多い
ということになります。10から38番目の力は10億、10億、10億、10億ものノードになるのです。こ
れは、皆様にどのくらいの数なのか想像して頂ける事でしょう。

もし、私達の体の細胞それぞれにインターネットのアドレスを割り当てると、もしかしたら10億、千
兆もの人々がこのように完全に表現することが出来るかもしれません。未来に向けて特有の革新的な
解決策の為に成長する余裕を与えてくれます。また、今日の世界のあり方を理解するレベルに到達す
るだけでなく根本的に優秀な機械の助けをはるかに超えていくことでしょう。

しかしながら、このような機械の作用は現在とは大いに異なる必要があります。私のExocortexはも
っとそうですが、今私は持ち運んでいるこの電話は妻が何と言おうと、他の人が何と言おうと、私を
ビジネスパーソンとして助けてくれるものであり、今日の複雑な社会において出資者として対抗する
のを助けてくれるものなのです。単純に電話機を常に充電されている様にするという日課は私が如何
にそれ自体では自分の管理を出来ないその電話機に対して中毒であるかという事を認識させてくれま

す。

自分の周りに電子機器を取り巻けば取り囲めば取り囲む程、私はペテン師のような気分になります。
それを特に感じるのは、風変わりなタイプの電気プラグを使っている国にいる時に、充電しなければ
ならない5種類もの電子機器がある時、また充電しようと試みる時に特に感じる。これは、どのよう
にそれらに電源を供給するかであり、どのように機器がインターネットを成り立たせ何を改善するべ
きかを示している一例に過ぎないのです。

もちろん、それは単なる一例ですが生成するデータは非常に大量です。要するに、このようにデバイ
スによって生成されるデータ量を管理するということは挑戦であるだけでなく科学なのです。皆様が
想像するイメージは大きなハドロンの粒子加速器です。これは、人類が設計して構築した最も複雑で
高価な機械の一つなのです。

99%ものデータが機器により人間が見なくても良いとされ捨てられているにも関わらず、構築するの
に25億ユーロ、息を吹き込むのに更に25億ユーロを
かけ毎日見つけにくい粒子の痕跡までもの非常に大切なデータを収集しています。そしてたった1%
のデータが保持されデータを選り分け、そしてその中からさらにおおよそ100分の1を強調します。
そして、スイスのLHCで働く1万5000人の物理学者の中から一人を呼び「ねぇ、これ見た方がいいよ
」と言うのだ。そうすると、その中の一つのグループもしくは個人が機器の助けによりノーベル賞を
勝ち取るのです。

ロボットは私達の家庭に有り、日々賢くなっています。私達の想像を認識できるかどうか、私達をカ
テゴリー別けし、私達の判断、そして複雑な私達の要求のように私達の物理的世界へ導いています。
多くの成功を収めながらも現在取り組んでいるロボットの課題の一つとしては、食洗機をいっぱいに
することと空にすることです。瞑想できる時間、または日課として楽しんでいらっしゃる方もいるか
と思いますが、ほとんどの方はそうでは無いでしょう。

このような機器の能力は、掃除機のように自ら充電するだけでないのです。自ら充電が不足している
場合に何をしなくてはならないのか、どこが電源を補充する為のベースステーションなのか、そして
充電場所にどのような経路で行くのかを計算して、充電を行いまた掃除を行うのです。

私たちがWorld Wide Webを発明した時、これまでにない規模でデータに基づいて知識を収集するこ
とができました。この中で最も美しく、予想外の結果の1つは、ウィキペディアでした。知識集約の
成果であり、ブリタニカ百科事典がタオルを投げ捨てて、「私たちの専門家とビジネスモデルはこの
常に動いている生き物に追いつけません」と言った場合、あなたはそれを信じられないだけでなく、
私たちが今でよく知っているようなウィキペディアという継続的な創造によって可能であるというこ
とも信じられないでしょう。

この例として、好き嫌いは分かれますが、社会情報の集約の第二世代であるFacebookがあります。
何十億人もの人が利用するインターネットです。現在では、人の動きや以前の世代で見たロボットの
動き、また、私たちの周りの都市データに基づいて、予期せぬアプリケーションを生成するテクノロ
ジースタックをセンサーが提供する技術があります。
これは、私達が日々行っている会話とは異なり、主に機械間で起こる会話です。そのため、政策決定
は非常に重要です。なぜなら、これらの会話には影響があり、私たちに悪影響を及ぼすことなく機械
自身で何をすべきかを考えられるように、正しいルールを設定する必要があるからです。
温度自動調節器が暖房との対話を行い、明けても暮れてもあなたを快適にするため、また、省エネル
ギーにするため、温度自動調節器自身でそれが実現させるように、ロボット倉庫では、これまで
電子商取引の超高速インターネット配信を可能にさせただけでなく、ロボット用に設計され
た大型倉庫での食料品の配送も可能になりました。
例えば、それらは永久的に暗く冷たい一方、新しい価値やインフラを創ります。IOTの世界
は、私たちとは非常に異なります。あなたが4つ、5つ、もしくはそれ以上の感覚を持って
いると確信していたとしても数には限りがあります。自走モードの車、私たちが触れている
もののための美しいメタファーがあるように、データや決定において非常に豊かな世界を見
ることができます。そしてそれらを通じた価値を提供する機会は大きいです。
これらのノード、ロボット、決定、データは、非常に急速に民主化されつつあります。 50万台、25
万台のロボットが今では25,000ドルで買うことができ、高度なソフトウェアを使って学習能力があり
ます。また、環境を認識することができるため、効率的に人間と一緒に働くことができます。
最近Apple Storeに行ったとしたら、棚を見て、Appleの製品ではなく、自宅やオフィスで毎日使う
IOTのノードが並んでいることに気付くでしょう。今や医療用にも活用されているため、外部だけで
なく、私たちの内側にまで影響し始めています。病気になった場合、信じられない程の価値を提供す
るでしょう。
不注意に注文がインターネットに送られたアマゾン・アレクサの逸話を聞いたことがあるでしょうか
。以前のバージョンではできなかったことですが、恐らく、テレビアナウンサーが「アレクサ、6箱
のビールを買ってくれ。」と言ったので、アレクサはそれを聞いていた何千人もの人の家で同じ商品
をショッピングリストに入れました。
これは問題のある結果ですが、非常に良い例です。例えば今日、ウクライナの電力網の大部分は脆弱
な中、アタッカーが冬の真っ只中に二度打ち倒されました。インターネットに接続された脆弱な遠隔
操作ビデオスキャナに関する記事を読みましたが、数日前、非常にうまくいった新しいビデオ「打ち
のめすボット」が配信されたのでお勧めします。兵器システムに接続された自律的なインターネ
ットに関してで、いったん彼らの知識が世界中に広がると止めることができません。
自治的致命的武器に対する、開発と展開の世界的な禁止のためのこのコミュニティですが、私は公開

書簡の署名者の1人です。私たちは、これらのステップが、IOTの約束を達成するための正しいレベル
、データへの分散的で民主的なアクセス、そして技術を確立するために非常に重要であると信じてい
ます。
社会の将来が、意思決定の道徳的影響を考慮することなく動いていき、現在のシステムの限界を克服
するということがどれほど重要であるか聞きました。敵は賢い機械ではなく、害を引き起こす愚かな
人々により創られた愚かな機械です。とても重要な、そして必要なステップにより克服することがで
きるのです。
これについて根本的に実験している人もいて、自分自身にこのように問う人もいます。「人間と機械
が学んだら何が起こるのだろう。私たちが見ることができる、身体的、認知的な両方のタイプの強化
によって設計された社会とは何で、それにより形成される社会の形は何なのだろう。」それはクライ
アント・サーバーシステムで、覚えている方もいるかもしれませんが、壊れやすく、数十以上に拡張
できませんでした。恐らく数百ノードといったところでしょう。
今日、Google、Facebook、及びその他インターネットシステムは非常に強力です。そのうちの1つ
が利用可能になると、ゴールデンタイムに報道価値のあるようなイベントを開催します。明日、新し
いIOEは、あなた達ひとりひとりの何千もの細胞が何百万年もの間紡がれてきた生物学的複製ほど信
頼できるシステムを提供する予定です。
IOEに関しては、地球のみに踏みとどまりません。既に、Singularity UniversityにあるNASAの研究キ
ャンパスで生まれた企業であるPlanetは、2千もの衛星を軌道に乗せるという当初の目標を達成した
ばかりです。毎日地球上のあらゆる場所の画像を撮影し、あなたが利用できるあらゆる種類のアプリ
ケーションのためのサービスとしてインターネット上で利用できます。
私たちはすでに、インターネットがどうなるのか、を考えています。私たちのシステムが小惑星を採
掘するようになると、ロボットが自らの目標を生み出し、小惑星ベルトの中に自分達の文明を創造し
ようとする時、IOEはどうなるでしょうか。それからもちろん、130億年をかけて私たち自身の意識
、自己認識を通じて宇宙を目覚めさせるような、重要なステップを達成しました。
人生と呼ばれるゼロでないサムゲームを実行する価値を理解した上で、まさに私たちの前には宇宙が
広がっているのです。ご清聴ありがとうございました。

This post is also available in: 英語